ジェイゾロフトの効果について

ジェイゾロフトの副作用と離脱症状

ジェイゾロフトは、うつ病に使われる薬の一つです。
ゾロフトという名前で海外では売られていますが、副作用が少ないのが特徴的ですから、
アメリカや世界中で広く使われている薬です。ジェイゾロフトは、ゾロフトの日本での商標になりまして、アメリカでは1991年に承認されて、
日本では2006年に承認されました。セルトラニンが主な成分になりますが、セロトニンの再取り込みを阻害する効果があります。薬の効果は、うつ病だけではなく、パニック障害、不安障害などに効果があります。

 

副作用は、服用し始めの頃に吐き気やめまいを起こすことがあります。その他に口の渇きや眠気、発汗、便秘などの症状を起こすことがありますが、時間が経過していくと弱まっていきます。副作用は1週間から2週間程度で収まってくることが多いようです。もし、副作用が出てきたらすぐに医師に相談してください。重篤になる可能性も有りまして、不安や焦り、あるいは意識がもうろうとしてしまうセロトニン症候群がありますし、急激な体温上場、体が硬直してしまう悪性症候群もあります。そして、けいれんや意識が無くなる事、または肝臓の重い症状、そして抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、あるいは重い皮膚症状、さらにアナフィラキシーショックが起きることもあります。離脱症状も報告されていますから、医師の判断が無いのに服用を辞めてはいけません。その症状としては、不安感や焦り、錯覚、頭痛などがありますが、薬を辞めてから1週間以内に起きることが多いようです。