抗精神薬の副作用

鬱病治療薬の種類とは?

うつ病の治療に使われる薬には種類があります。ここでは、うつ病の薬の種類について解説をしたいと思います。三環系や非三環系の抗うつ薬は、うつ病に関係のない神経伝達物質の受容体にも作用しますが、「SSRI=選択的セロトニン再取込み阻害薬」や「SNRI=セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬」はセロトニンやノルアドレナリンだけを選んで再取り込みを阻害します。

 

「NaSSA=ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬」は、違う働き方をします。ノルアドレナリンやセロトニンの分泌を抑えるα2受容体を阻害して分泌量を増やすのです。他の薬に比べて効き目が早いといわれています。

 

うつ病の薬は、効き始めるまでに時間がかかります。副作用の方が先に現れることがあるので、少ない量から始めて様子を見たり、うつの症状を和らげる薬を併せて飲んだりするので、副作用が出ても勝手に薬をやめたりせず、お医者さんに相談してください。

 

三環系や非三環系の薬は、アセチルコリンなどの受容体にも作用するので、抗コリン作用という副作用が起こることがあります。口やのどの渇き、便秘、排尿障害などが主なものです。

 

SSRIやSNRIも副作用はありますが、比較的少ないとされています。便秘や吐き気、下痢などが現れることがあります。1〜2週間くらいで消えます。NaSSAは眠気が出やすいといわれています。他にも症状がでることがありますので、お医者さんや薬剤師さんによく話を聞いてみてください。抗うつ剤の場合、賦活症候群といって、自殺傾向を高めるような事が起こるので非常に注意を要します。

 

薬の副作用が気になる人は、なるべく薬に頼らずに、下園壮太のプチ認知療法を試してみるといいでしょう。下園壮太のプチ認知療法は、当サイトのトップページで紹介しています。